ホーム > 製品情報 > 放射温度計 > ランプ加熱用 放射温度計
TMHX-CPE1200(E) シリーズ

販売中

ランプ加熱用 放射温度計
TMHX-CPE1200(E) シリーズ

発売:2015年10月

加熱状況を瞬時に把握!品質管理に役立ちます

ランプ加熱用 放射温度計<br>TMHX-CPE1200(E) シリーズの製品画像

型式 温度範囲 実効波長 測定距離 標的サイズ 応答速度
TMHX-CPE1200-0180E007 0~1200℃ 5.0~6.8μm 180mm φ7mm 0.01秒~

ランプ加熱をするワークの温度測定に適した放射温度計です。

~TMHX-Cシリーズ共通特長~
◆性能と安定性が大幅アップ◆測定部分の位置合わせが簡単◆設置環境を選びません
◆豊富なバリエーションの表示器・設定器◆コスト削減に◆安心の長寿命◆CEマーキング適合品

★取扱説明書は日本語版・英語版がダウンロードできます。

表示・設定オプションリンク

  • 特長
  • 仕様・光路図
  • 外形図・配線図
  • 2D・3D CAD
  • オプション

価格:150,000円~

RoHS対応 CEマーキング適合

製品の特長

  • ランプ光の影響を受けにくくしワークの温度のみを測温

    ランプ加熱したワークの温度を測定する際には、ランプ光(近赤外線エネルギー)の影響を排除する事が必要となります。ランプ光の温度を測定しないようにするためです。

    TMHX-CPE1200(E)シリーズでは、近赤外線波長のおよそ 0.7~2.5μmを使用せず、ランプの光の影響を受けない様にしました。
    さらに、金属などの低放射率体を測温する事も考え、近赤外線領域に近い中赤外線の5.0~6.8μmの短い波長を使用しています。

    遠赤外線の波長を使用している温度計(サーモパイル型)でも測定は可能です。しかし、昇温の速いランプ加熱にはTMHX-CPE1200(E)シリーズの10mS高速応答が有効です。またワークが金属の場合、より波長が短い側なのでTMHX-CPEが有利です。

  • InSb(インジウムアンチモン)素子採用で性能と安定性が大幅アップ

    従来のサーモパイル素子は赤外線をいったん熱に変換してから電気信号に変換するため、応答時間短縮に限界がありましたが、TMHXシリーズはInSb(インジウムアンチモン)素子を採用することで、赤外線をそのまま電気信号にダイレクト変換。常温測定にて世界最速の応答時間を実現し、測定時間が大幅に短縮されました。

    InSb(インジウムアンチモン)素子採用で性能と安定性が大幅アップ

    また、安定性も大幅に向上しています。InSb(インジウムアンチモン)素子により 2~6.8μmの間の短い波長を使用しているため、金属(鉄、SUS、クロム等)の温度測定時に従来より2倍近い数値の放射率設定値が期待でき、さらなる安定性が見込めます。

  • 同光軸LED照準方式で位置合わせが簡単

    「同光軸LED照準方式」は、温度測定範囲が目で見た状態に近いため、位置合わせが簡単にできます。測定範囲をワークの測定部分に適切に合わせられる為、長距離でも正確な温度測定が可能です。また、ワークをはみ出して設置していないかのチェックも可能です。

    同光軸LED照準方式

  • コスト削減に

    アナログ出力標準装備のため、表示器は必ずしも必要ではありません。複数台の使用の場合は費用を節約できます。

    以下のオプションがあります。

    パラメータ設定器PWCX;1台あれば複数台の温度計のパラメータを設定できます。温度表示機能付きです。

    USB-RS232C変換器PWUX;PCに接続して温度計のパラメータを設定できます。無償版ソフトPWSX-Fと組合わせて使用します。PC上で温度表示も可能です。

    パラメータ設定セットPWZX;PWUXと有償版ソフトPWSXのセット品です。無償版ソフトPWSX-Fの機能に加え、PC上へのパラメータ保存、測定値のグラフ表示が可能です。

    表示設定器TMCXシリーズ;もちろん表示設定器も使用可能です。温度計と表示設定器を組み合わせることで多彩なオプション機能が追加されます。

  • 設置環境を選びません

    アルミボディを採用することにより、堅牢性、耐熱性、耐薬品性がアップし、IP67相当の防塵構造です。左右対称設計なので設置もしやすくなりました。また、ケーブル線を太くし断線対策も強化しています。

    さらに豊富なアクセサリが揃っていますので、過酷な環境下でも安定した測温ができます。

  • 安心の長寿命

    駆動部品(モーター)が無い為、これまで必要だった定期的な交換や修理が 必要なくなり、安心して長期ご使用いただけます。

  • CEマーキング適合品です

    CEマーキングに適合していますので、ヨーロッパ向けの既存設備・装置に温度計だけ後付でも手続きが簡単です。

印刷する

型式 TMHX-CPE1200-0180E007
温度範囲 0~1200℃
実効波長 5~6.8μm
検出素子 InSb
標準測定距離 180mm
※他の距離でも使用可能。光路図をご参照ください。
標準標的サイズ φ7.0mm
照準 LED 照準
精度定格 300℃未満;±3℃、300℃以上;測定値の±1%
再現性 ±0.5℃
測定分解能 0.5℃以下
応答時間(スムージング機能にて可変可能) 0.01~5秒(0~95%アナログ出力)

(内部レンジ切換時、0.001秒が加算される場合あり)
ウォームアップ時間 1分
アナログ出力(非絶縁)出力タイプ(切換) DC4~20mA,DC0~20mA,mV/℃,DC0~1V(オプションで0~5V・0~10Vあり)
RS232C 出力(RS232C 準拠、非絶縁) 出力スイング幅:約±4V、通信速度:4800,9600,19200,38400,57600,115200BPS
アラーム出力(非絶縁) オープンドレイン:DC27V、0.2A
ピークホールド リセット方式(選択) [1]時間:0.01 ~ 10 秒可変 [2]放電:時間0.01 ~ 10 秒、レベル0.2 ~ 1.0
放射率補正 保証範囲 0.3~1.0
設定範囲 0.050~1.000(設定分解能0.001)
反射補正機能付
センサ補正機能 スパン;0.500~2.000
ゼロ ;-50~+50℃(°F)
使用周囲温湿度 0 ~ 50℃ (保存周囲温度:-15 ~70℃)/30~85% RH(結露のないこと)
電源電圧 DC4.7 ~ 27V、0.1A Max
アナログ出力0~5V 時; 8~27 V/ 0~10 V時;13~ 27V
ケーブル長(標準) 2m
外形図 HX-C1

ページの先頭に戻る

※英字の羅列が表示される等、上手くダウンロードが出来ない場合は、下記の手順でダウンロードしてください。
「ダウンロード」の文字を右クリック→「対象をファイルに保存」を選択→デスクトップなどに保存

※英字の羅列が表示される等、上手くダウンロードが出来ない場合は、下記の手順でダウンロードしてください。
「ダウンロード」の文字を右クリック→「対象をファイルに保存」を選択→デスクトップなどに保存

該当の項目はございません

  • 特長
  • 仕様・光路図
  • 外形図・配線図
  • 2D・3D CAD
  • オプション
  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせフォーム

他のおすすめ製品